OPEN MENU
CLOSE MENU

HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室

2021年10月7日

 今年も十月を踏んづけた。すると目の前に扉が現れる。左右にも後ろにも扉。扉に囲まれた私がどれを開くか迷っていると、正面の扉が迫ってきた。このままでは挟まれてしまうと思い、とっさに右の扉を開ける。その先には何もなく、振り返 […]

More >

2020年11月6日

 遠方の恋人からロールケーキが届いた。早速、するすると巻きをほどき、中を読む。真っ白なクリームの上に、小さな文字でびっしりと並ぶのは、異国の変わった記念日の話だった。ところどころに甘い言葉が混ざっているのは、仕方ない。こ […]

More >

2020年10月25日

 今年も十月を踏んづけた。その前に九月も八月も踏んづけた。それらはまだ地面にこびりついていたけれど、十月を踏んづけたら、九月は雨に流れて八月は蒸発して消えた。私の足元には十月だけが残った。そして全く消える気配がない。

More >

2020年10月3日

 浅い水槽にはわたしがたくさん泳いでいる。みんな変な水着だ。 私は、先月買ったばかりのシリコンの穴あきレードルでわたしをすくう。 わたしはレードルには大きくて、ひっかかるのにうまくすくえない。「もうちょっとやせてよ」 私 […]

More >

2020年8月18日

 隣の芝生は青い。夏の空のようで、ときどきのっそりと寝そべっているサモエドは入道雲に見える。 折よく隣家の主人が庭にいるときに顔を合わせたから、何を撒いているのか尋ねてみた。「レモンスカッシュですよ」「なるほどなるほど」 […]

More >

2020年8月15日

 手を繋ぐ。その先はだんだん重くなる。夕方が焦げ付いた鍋に牛乳を注いで煮溶かす。昨日の月も今日の月も知らないまま、手を離す。

More >

2020年8月1日

 天井を鳥の影が横切る。部屋の中に鳥はいない。屋根の上にはいるだろうか。鳥の影は何度も通って行った。空は見えないのに。

More >

2020年6月13日

 キャンペーン中につき、通常5%のところ、今月はあなたが流した涙の20%が雨として還元されます。

More >

2020年5月12日

 ひとつだけ選んだのはディンプルキーだ。爪先立ちで枝を引き寄せ、鍵を何度か捻ると、ぽきりと軽い音を立てて外れた。 冷たく硬い、よく熟した鍵だ。銀色に輝いている。手に取って構えてみると、誂えたようにしっくりなじんだ。「名を […]

More >

2020年4月22日

 天井から伸びてきた蔓が、床に絵を描く。 草原に赤い花。ひらひらと揺れるひれ。 蔓は私の足に絡み、絵の上に引きずっていく。 赤い丸い花で囲まれた私。 同じ色を唇に塗って、蔓は天井に帰っていった。 寝転んだまま見上げた天井 […]

More >

1 2 3 42
豆本掲載作
その他の印刷物・雑貨掲載作

長編・連載モノなどは「カクヨム」に掲載しています。

ページの先頭へ戻る