OPEN MENU
CLOSE MENU

HOME > オレンジ宇宙制作室 > 十月病シリーズ一覧

十月病シリーズ一覧

2021年10月7日

 今年も十月を踏んづけた。すると目の前に扉が現れる。左右にも後ろにも扉。扉に囲まれた私がどれを開くか迷っていると、正面の扉が迫ってきた。このままでは挟まれてしまうと思い、とっさに右の扉を開ける。その先には何もなく、振り返 […]

More >

2020年10月25日

 今年も十月を踏んづけた。その前に九月も八月も踏んづけた。それらはまだ地面にこびりついていたけれど、十月を踏んづけたら、九月は雨に流れて八月は蒸発して消えた。私の足元には十月だけが残った。そして全く消える気配がない。

More >

2019年10月12日

 今年も十月を踏んづけた。その足元からぶわりと湧き起こった雲は、ぐるぐると渦を巻いて空に上がった。見上げる間もなく、雲は私の左手の甲に吸い込まれ、目になる。ラメ入りのアイシャドー、紺色のアイライン、これでもかとマスカラを […]

More >

2018年10月23日

 今年も十月を踏んづけた。辺りに霧が立ち込める。恐る恐る一歩踏み出すと、また十月を踏んづけた。霧がさらに濃くなる。進むたびに十月を踏んでしまい、霧は一向に晴れない。私は仕方なく真っ白な中を歩いている。

More >

2017年10月6日

 今年も十月を踏んづけた。溶けたチョコレートが流れてくる。その上を電車がやってきて、私の目の前で止まった。一車両だけの電車には誰も乗っていない。止まったけれど、ドアは開かない。開けるためのボタンもない。戸惑う私を置き去り […]

More >

2016年10月7日

 今年も十月を踏んづけた。地面が波打つ。その波を越えるとき、天井から吊り下げられた封筒に手が届きそうになる。しかし、わずかの差で届かない。電子音が「確認してください」と繰り返すけれど、届かない。ジャンプするタイミングをは […]

More >

2015年10月17日

 今年も十月を踏んづけた。ついでに、長いドレスの裾も踏んづけた。その拍子に脱げたスニーカーは、どんどん小さくなる。慌ててフリーザーバッグにしまったけれど、間に合わない。水玉模様が一個残っただけだった。

More >

2014年10月17日

 今年も十月を踏んづけた。そこかしこに穴が開き、一歩も動けなくなる。穴の一つから手が出てきて、おいでおいでと呼んでいるけれど、その穴まで辿り着けない。あたふたしているうちに、穴は全部塞がってしまった。

More >

2013年10月9日

 十月を踏んづけた。黒煙が上がる。くすんだピンクのカーネーションが煙の中から差し出されたけれど、私はそれを受け取れない。カーネーションはくるくる回って、煙を吹き飛ばしながら、飛んでいった。

More >

豆本掲載作
その他の印刷物・雑貨掲載作

長編・連載モノなどは「カクヨム」に掲載しています。

ページの先頭へ戻る