OPEN MENU
CLOSE MENU

HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室

2003年12月7日

 この国の夏は厳しい。 日中、アスファルトの上で目玉焼きが作れるほどだ。 しかし、せっかく作った目玉焼きも、夏バテで食欲のないときには手をつける気にならず、国中のいたるところに、目玉焼きが放置されているのだった。

More >

2002年7月17日

 病院のベッドで寝ている祖母の口元で、何かがかすかに光った。 その小さな光は、そのまま、窓の外へ逃げていく。「残念ですが……」 先生が言った。 これに大幅に書き足して、豆本「超短編豆本 朝顔ノ巻」に収録。書いたときのタイ […]

More >

2002年7月17日

 たまごを割ったら、黄身がふたつ。 ドアを開けたら、君がふたり。「かぜ気味だって言ってたから、これ」 差し出されたのは、さくらんぼ。

More >

2002年7月17日

 オレンジ色の大きな夕日が沈むのをずっと見ていた。 屋根の上に、君の猫と一緒に座って、ずっと見ていた。 もしかしたら、屋根がどんどん高くのぼっていっているのかもしれない。 僕の考えなんかお見通しさとでも言うように、君の猫 […]

More >

1 40 41 42
豆本掲載作
その他の印刷物・雑貨掲載作

長編・連載モノなどは「カクヨム」に掲載しています。

ページの先頭へ戻る